【かすたむスノ】
軸の穴あけに要点を絞って組立方法を解説いたします。

刃物を扱う際、怪我には充分にお気をつけください。

解りづらい下着のバリ部分をグレーで色をつけました。
■バリ取り■

バリを切り取っていきます。
・ニッパー で大まかに

・カッター  

・デザインナイフ
の順で細かくカットしていきます。

Bにあるように、カッターは手前に切った方が
怪我や失敗が少なくなります。
抵抗がある場合は親指をバンソウコで保護しておくと
良いでしょう。
■穴あけ■

@・画像の箇所に2oドリルで貫通させます。

B・胴体とパンツをしっかり握って
  @で空けた穴をガイドに2oのドリルで穴を掘ります。

D・右側も同様に掘ります。

E・掘れました。
■取り付け■

@・右足をつけてみましたが、穴が浅かったようで
  パンツと胴体に隙間が出来てしまいました。
A・胴体の穴を深く掘ります。
B・硬くて取り付けにくく、隙間もまだ残っています。
C・足のピンを「紙ヤスリ」で削って細くします。
  120番を使用しています。
  力を入れすぎて
  ピンを折らないように気をつけてください。
D・うまく、はまりました。
E・左足も@〜Cまで同様に行いましたが
  「穴あけ」の角度が良くなかった様で
  内側に隙間が出来てしまいました。
F・足のピンを熱湯で温めます。
G・お湯で温めることで柔らかくなるので、掘った穴の
  角度にピンが曲がって固定します。
■上半身の穴あけ、取り付け■

@・パンツ同様、2oで貫通させます。
A・上の「バリ取り」同様、バリを切り取ります。
B・上の「穴あけ」同様
  胸元とブラをしっかり握って
  @で空けた穴をガイドに2oのドリルで穴を掘ります。
C・このピンは切り取ってください。
D・取り付けます。
  硬い場合はヤスリでピンを削りましょう。
  左右のブラの間に隙間ができてしまいました。
E・熱湯につけます。
  焼けどには充分にお気をつけください。
F・しばらく、しっかりと隙間がなくなるように押さえます。

I・上半身と下半身も
  ドリル〜ヤスリ〜お湯
  の順番で取り付けます。
■自立■
@・自立させる為、足首をお湯で温めます。

A・しばらく、しっかり押さえて
  自立する角度で固定させます。