ちよ 真鍮線で補強

ちよのアホ毛はボールジョイントで稼動します。
細いパーツですので補強が必要です。

No.01 必要なもの

 ・0.5mm 真鍮線  (画像中央)
 ・0.5mm ドリル



余談ですが、
画像左上にあるのは紙ヤスリにパステルをこすり付け粉末にしたものです。
これを艶消し処理した顔に綿棒で頬に塗り、その上から艶消しクリアーを吹きけ表面をコーティングし、「ほんのり赤い頬」を表現します。
No.02 アホ毛のボール部分から毛の細い部分に貫通するようにドリルで穴を開けます。


細いパーツですので、ドリルが中心を通るよう、方向に注意してください。
No.03 [No.2]の穴に真鍮線を差し込みます。
No.04 余った真鍮線はカットして、さらにヤスリで削りキレイに仕上げます。
No.05 [No.1]〜[No.4]の工程を、首にも行います。

首の場合、真鍮線は2mmでも大丈夫です。