フルカラーレジンキット ラブプラス 姉ヶ崎寧々

◆簡単仕上げ方法◆

以前、パステルによる仕上げ方法をご紹介しましたが、今回は「タミヤウェザリングマスター」を紹介します。
タミヤウェザリングマスターはパステルと同様扱いが簡単な素材です。かつ、パステルに比べて定着具合も良好でオススメです。
仕上がりがグッと良くなるので是非!チャレンジしてみてください。
*画像は全てサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます。

. 画像 説明
01 道具を揃えます。

・クレオス Mr.綿棒 スタンダード 
丸タイプ と 三角タイプ の2種入り
薬局にある一般用綿棒も使用します。

・タミヤウェザリングマスター
Hセット 肌色の化粧等に使います。 
Gセット 髪の毛のハイライトに使います。

・ガンダムマーカー

リアルタッチブラウン1
ぼかしペン

・練りゴム
練り消しです。 画材店で買えます。 
02 顔パーツのクチ部分を

ガンダムマーカー リアルタッチブラウン1 で塗ります。

ペンの細い方を使います
(キャップの大きな方です)


*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
03 ハミ出しても問題ありません。



*画像は全てサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
04 綿棒の三角タイプで軽く拭き取ります。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
05 綿棒で拭き取れなかった部分を

ガンダムマーカー ぼかしペン で消していきます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
06 消しすぎた場合は 再度 リアルタッチブラウン1 を
塗って  ぼかしペン で整えます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
07 このような感じになります。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
08 二重まぶた のラインを引きます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
09 ぼかしペン で整えます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
10 眉毛を描いていきます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
11 ハミ出しても問題ありません。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
12 1度塗った後に乾いてから 再度塗り重ねることで
より濃い色になります。

お好みで調整してください。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
13 はみ出た部分は ぼかしペン で整えます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
14 ほくろ部分に ちょん とインクを乗せます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
15 これでマーカー作業は終了です。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
16 ウェザリングマスターを使って、影の部分を化粧していきます。

Hセットの ペールオレンジ を使います。

画像のように 綿棒三角タイプを使って おおまかに
影になる部分に塗っていきます。

後で調整できますので、気軽に多めに塗ってください。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
17 胸元などはホホが邪魔になるので、綿棒を短くカットすると
塗りやすいです。




*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
18 鎖骨部分など、広い面は
綿棒丸タイプ を使って塗ります。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
19 16〜18で塗ったウェザリングマスターをぼかして
馴染ませていきます。。

一般用綿棒を使います。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
20 塗りすぎた部分は 練りゴム を使い消していきます。

消しすぎた場合は再び 塗ってぼかす を繰り返します。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
21 目の周りにも塗っていきます。


綿棒丸タイプを使います。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
22 パーツの裏、表にも塗っていきます。

目じり等は 三角タイプを使います。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
23 一般綿棒でぼかして整えます。




*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
24 このような感じになります。

まぶた、鼻筋にも塗ると顔立ちがハッキリして少しケバくなります。
お好みで調整してみてください。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
25 クチ紅を塗っていきます。

Hセット ピーチ を使います。

綿棒三角タイプで 大まかに塗ります。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
26 綿棒丸タイプ で整えます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
27 ホホ紅を塗ります。

タミヤ ウェザリングマスター に付属されているスポンジで塗ります。

Hセット アイボリー を使用しています。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます

28 これで完成です。

同様に他の肌色パーツの影の部分にも塗っていきます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
29
髪のハイライトを塗ります。

タミヤ ウェザリングマスター Gセット  の マロン、キャラメル で

付属のスポンジで塗っていきます。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます
30 このように仕上がります。

前髪パーツ交換の際に色が落ちることもありますが、
その場合は再び塗ってください。



*画像はサムネイルです。 クリックすると大きな画像で確認できます