綾波レイ スーパープラグスーツver.  製作講座

組み立てる前に必ず、製作講座のキリンS装備・初心者向け製作講座の 1、下準備 2、基本作業 を読んでください。
http://www.ryunryuntei.com/tips/moehan/kirin/index.html

作業
番号
画像は全てサムネイルです。
クリックすると大きい画像で表示します。
解説
0 使用する道具

■ニッパー
100円ショップのニッパーでも作業はできますが、
「切る」というより「ちぎる」と言った感じなので
模型用ニッパーをオススメします
■デザインナイフ
■カッターナイフ
■瞬間接着剤
■つまようじ
■ピンセット
(熱湯で暖めたパーツはピンセットで扱ってください)
■木工用ボンド

*刃物の取り扱いには充分ご注意ください。
使用するガンダムマーカー

■ガンダムマーカー  ガンダムブラック
■ガンダムマーカー  ガンダムアイグリーン
■ガンダムマーカー  リアルタッチブラウン1
■ガンダムマーカー  リアルタッチグレー1

■ガンダムマーカー  ガンダムメタレッド
(お好みのマニキュアなどでもOKです)


■ガンダムマーカー  ぼかしペン or 消しペン
00
【パーツの洗浄】

キリンS装備の初心者向け製作講座では
ポリデントの使用をオススメしていますが、
それはパーツが多く小さいので、無くさないようにするためでした。

綾波は比較的パーツが大きく、数も少ないので、
クレンザーを歯ブラシにつけて磨いてもOKです。  
クレンザーだと他の生活用品としての用途もありますが
もちろん、ポリデントでもOKです。
01 【脚部の組立】

使用パーツ
02 画像の箇所がバリで塞がっているので取り除きます。
作業前にデザインナイフは新品の刃に交換してください。

1、まず中央をおおまかに切り取ります。
2、その後、画像のようにフチに沿って切り込みを入れていきます。
3、一気にやろうとせず、何度かに分けて慎重に切り取ってください。
03 1、大きいバリは根元を少し残して、ニッパーで切り取ります。
2、カッターナイフでバリを取り除きます。
 画像のようにあらかじめ指にバンソウコウを貼っておくと安心です。


3、画像の箇所に
■ガンダムマーカー  ガンダムアイグリーン
 で塗装します。 
 はみ出ても後で削り取りますので、気にせず塗ってください。
 1度塗りでは下地が透けるので、
 乾かして何度か重ねて塗ってください。


4、インクが充分乾燥させるため先に04に進んでください。
 充分乾いたら はみ出た箇所をデザインナイフで削り取ります。
04 【胴部の組み立て】

使用パーツ
05 1、解りづらいですが、画像でピンクの点で示した箇所がバリです。

2、カッターナイフで削り取ります。

3、02同様、 大まかに中央を切り抜きます。

4、一気にやろうとせず、何度かに分けて慎重に切り取ってください。
06 バリを切り取る前と後の比較画像です。
07 クリアグリーンにブラックの塗装をします。

広い面はマーカーで直接塗ります。
画像の箇所など、細かい部分は下記のように塗ってください。

右上画像のようにビニールにマーカーの先端を何度か押し付け
インクを出します。
垂直に押し付けるとペン先を傷めるので、斜めにして押し付けてください。

出したインクをツマヨウジに付けて画像の箇所を塗ります。

はみ出てもデザインナイフで削り取れば大丈夫です。

画像を参考に胴パーツに
必ず熱湯で暖めてからはめ込んでください。

07-2 胸のクリアグリーンの左右の解説です。
黒の幅が広い方が内側になります。
08 首輪のパーツに
■ガンダムマーカー  ガンダムメタレッド
を塗ります。

画像のように割り箸を加工して、クリップで支えると
塗りやすくなります。

マニキュアを塗っても良い感じになると思いますので、
お好みでお試しください。


09 塗装、バリ処理が終わった 胴パーツです。
10 胴パーツの前後も熱湯で暖めてから、合わせてください。

画像右側のようにぴったりになります。
11 【腕部の組み立て】

使用パーツ

これまでと同じようにバリ、パーティングラインを処理します。
12 ピンクの○で囲んだように指先が合わない場合は、熱湯で暖めて、
指先を合わせ、ティッシュなどで素早く水分を拭き取ってから
指先を接着します。
13 画像のパーツはバリがわかりづらいですが、
画像を参考に処理してください。

右画像の右パーツが処理前、左パーツが処理後です。
14 【背中部品・尻尾】

使用パーツ

ピンクの○で囲んだ箇所もバリを取ってください。
15 尻尾

ピンクの○で囲んだ箇所は 
■ガンダムマーカー  ガンダムブラック
を袋などにペン先を押しつけてインクを出し、ツマヨウジで
尻尾パーツ接続部を塗り残すように画像の所だけ塗装します。

これはクリアイエローのパーツをキレイに見せるためです。
16
【頭部の組み立て】

使用パーツ

画像を参考にバリを処理してください。
17 デカールを貼ります。



3つは予備なので、4つに切り分けます。
18 プリント部周りの透明部分を分けるために
【19】の矢印の順で
あらかじめ切り込みを入れます。

必ず新品の刃に交換してください。

力を入れず、軽くなぞる感じでOKです。
19
矢印 1、黄色  2、緑  3、ピンク  4、青
の順に切り込みを入れます。

ナイフを握ってる手は上から下へ動かし、矢印に沿って切り込みを入れます。

黄色矢印に切り込みを入れたら、「デカールを回して」、
緑矢印に切り込みを入れます。

常にデカールを回して、ナイフを上から下に、力を入れず、軽くなぞる感じで
切り込みを入れます。


眉毛は切り込みを入れなくてもかまいません。
20 各パーツに切り分けます。
21 ピンセットでつまんで、水に約15秒ほど浸します。
22
黄色矢印で示したものが、【18】のプリント部周りの透明部分です。

ピンクの○で囲んだものは切り込みを入れなかった状態です。
プリントの周りに透明部分があり、眼のパーツへキレイに貼れません。
23 台紙からスライドさせて、D13のパーツに移してください。
24 デカールの粘着力が弱い場合は 
木工用ボンドを水で薄めたものを使います。

ペットボトルのフタなどに少量のボンドを取って、水で薄めます。
25 綿棒に水で薄めたボンドをふくませ、デカールの下に流し込みます。

白くても乾くと透明になるので問題はありません。

余分なボンドは綿棒でしみ込ませて取ります。

特に眉毛は設置面が細いので、木工用ボンドを利用してください。
26 貼り終えました。
27
頭・胴・腕・足を接着する前に、
■ガンダムマーカー  リアルタッチグレー1
で、スミ入れを行います。



マーカーをミゾ、凹部分に塗り、ティッシュで拭き取ります。

拭き取りきれない場合は
■ガンダムマーカー  ぼかしペン or 消しペン

を使います。
28
クチのスミ入れは

■ガンダムマーカー  リアルタッチブラウン1

■ガンダムマーカー  ぼかしペン or 消しペン

を使います。



全ての部位を接着して完成です。

尻尾は接着してもOKですが、1ミリのアルミ線とドリルを使って
つなげると、好みの方向に動かせるのでイイ感じになります。